ダイエットを始めて最初の方は効果を体感しやすいですが、それを続けていると徐々に効率が悪くなっている事に気付いていますか?ダイエットの停滞期にはしっかりと理由があるので、そこでダイエットを止めるのではなく乗り越える努力をしてみましょう。これで今年こそは高確率でダイエットが成功するでしょう!

ダイエット中に停滞期がくるのはなぜ?

ダイエットで運動する女性

ダイエットを開始して順調に体重が減り、見た目にも変化が現れてきたら、ますますやる気になります。
痩せ始めた事は自信にもつながり、モチベーションも高く維持することが可能です。
しかしそんなやる気をそぐ事態がダイエットにはつきものです。
それが停滞期です。

想定していた通りまた想定を上回るペースでうまくいっていたにもかかわらず、急に体重が落ちなくなる時期がやってきます。
その時体の中ではどのような変化が起こっているのでしょうか。
ダイエットを行う場合は、運動する量を増やし、摂取するエネルギーを減らすのが基本です。
取り入れるよりも消費するエネルギーが増えれば、自然と脂肪燃焼がなされ体重は落ちます。

しかし、このような状態が続くと体を維持することができないと脳は判断してしまいます。
いわゆるホメオスタシス機能です。
この時に鍵となるキーワードはレプチンと呼ばれる物質です。
レプチンは、エネルギーの消費量に大きく関わるホルモンの1種で、脂肪細胞から分泌されることが知られています。
レプチンが分泌されると、脳の視床下部にある、いわゆる満腹中枢が刺激され食欲は抑制されます。
ダイエットをする人にとっては嬉しい効果です。

交感神経も活発になりエネルギーの消費量は増します。
停滞期に入ると、ホメオスタシス機能のおかげでレプチンの分泌は減ってしまいます。
その結果満腹中枢も刺激されなくなり、エネルギー消費も進まないという状態になってしまうというメカニズムです。
ダイエットをする上で重要な事は、ここであきらめないことです。
多くの人が減らなくなってしまったことに悲観し、やる気をなくしてしまいます。

ホメオスタシス機能が働いている状態で運動をやめてしまう、食べる量を極端に増やしてしまうと一気に体重は元に戻ってしまいます。
元の体重よりもリバウンドする人も多いです。
しばらく我慢をしてダイエットを継続すれば再び体重は落ち始めるのですが、その時まで我慢できない人も散見されます。
リバウンドを防ぐため、モチベーションを高く維持しつつじっと我慢をするのも1つの手ですが、思いきった方法も試してみる価値があります。
それがチートデイです。

1日だけチートデイを作り停滞期を脱出する

ホメオスタシス機能が働いている期間には個人差があります。
特に何もしなくても1週間から2週間経てば終わるのが一般的です。
ただ、中にはホメオスタシス機能が1ヵ月や2ヶ月を超えて続くという人もいます。
そんな人には特にチートデイがおすすめです。

たくさん食べることでレプチンの分泌を促すのがチートデイです。
ただ、たくさん食べればそれでいいというわけではないので注意しなければなりません。
ストレスを軽減させるためだけのドカ食いをする日ではないです。
チート、つまり脳を大丈夫だよと騙すという意味です。
チートデイを行う期間は1日です。

ついダラダラと2日3日と多めに食べてしまう人がたくさんいますがこれではチートデイの意味は無いので、気持ちをしっかりと切り替えることが大切です。
1日だけ食べる日があるというふうに取り組む前から意識をしておくと良いです。
チートデイでは、その日に摂るべき摂取カロリーが重要になります。
目安としては、自身の体重×40キロカロリー程度です。

朝昼晩と3食を計算してこのぐらいの摂取カロリーになるように調整します。
今まで我慢していた食べ物や、ダイエットに向いていないと言える食べ物も思い切って口にするチャンスです。
1日たくさん食べることが今後のダイエットの成功につながることを意識し、変な罪悪感を抱くことなく食べるのがコツです。
チートデイによって再び脂肪燃焼は進み始めます。

今までと同じ手ごたえでダイエットが進行していることを実感できるので、その後のモチベーションにもつながります。
停滞期を脱出することは、ダイエット成功のカギです。
ダイエットを始めた時、あるいは始める前から正しい知識を得て準備をしておけば安心です。
美しくしなやかな体を手に入れるため、チートデイを意識しておくと心にも余裕が持てます。