ダイエットを始めて最初の方は効果を体感しやすいですが、それを続けていると徐々に効率が悪くなっている事に気付いていますか?ダイエットの停滞期にはしっかりと理由があるので、そこでダイエットを止めるのではなく乗り越える努力をしてみましょう。これで今年こそは高確率でダイエットが成功するでしょう!

夏よりも冬の方が痩せやすいってホント?

冬景色

気温が高くなる夏場は痩せやすいと感じる人も多いでしょう。
体温が上がり汗も多くかく季節ですので、何となく体重が減ったように感じる人もいるかもしれません。
ですが、実は夏場よりも冬場の方が、痩せやすいと言われているのをご存じでしょうか。

冬太りという言葉があるくらいですから、夏よりも冬の方が太りやすいというイメージがあります。
なぜ、冬場の方が痩せやすいという説があるのかというと、体温が関係しています。
気温が下がる冬は体温も低下しやすくなる季節です。

人間は恒温動物ですから、常に一定の体温をキープしなければいけません。
体温を維持するためには脂肪を燃やして、どんどん熱となるエネルギーを作り出す必要があります。
脂肪が体温を作るために燃えれば燃えるほど、体脂肪は減っていき結果痩せることが可能です。
運動をせずじっとしているだけでも、冬場はどんどん体温が下がっていくので脂肪を燃焼させ熱を作り出す必要があります。

基礎代謝といって人が何もせずにじっとしている間も、生命活動をキープするために使われているエネルギーが、気温が下がる冬場はアップします。
寝ている間も基礎代謝によってエネルギーは作り出されているので、基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすいようです。
人間が1日のうちに消費するカロリーの大半は、基礎代謝によるものです。
約70%のカロリーを基礎代謝で消費します。
ですので体温をキープするために基礎代謝が上がりやすい冬場は、痩せやすい季節と言えるでしょう。

汗を大量にかく夏場も脂肪が燃えているように感じるかもしれませんが、気温が高いので冬場のように熱を作り出すために脂肪が燃やされるということはありません。
体内にある水分が体温調節として、身体の外に出ているだけなので減るのは水分のみです。
同じダイエットをするのであれば基礎代謝が上がり難い夏場よりも、体温を上げるために脂肪が燃えやすい冬場を選んだほうがベストと言えます。

太りやすいのも冬なので注意しましょう

体温を上げるために脂肪をエネルギーへと燃やす量が多い冬場は、場合によっては痩せやすいと言われています。
しかし、冬は忘年会や新年会、クリスマスやお正月など暴飲暴食する機会が増える季節でもあります。
カロリー消費を抑えることが難しくなり、食べ過ぎによって太りやすいのも冬なので注意しましょう。

暴飲暴食する機会が増えやすいというだけでなく、寒さによって身体を動かす機会が減ってしまうのも、冬が太りやすいと言われる要因の1つです。
やはり運動などで身体を動かしたほうが、カロリー消費もされダイエットに繋がります。
気温が低く体温を上げるために脂肪を燃焼させる必要があると言われている冬ですが、暖房がきいた温かい部屋でじっとしていれば、ほとんど脂肪は燃焼されません。

運動量も減り、さらには食べる量も増えやすい冬は、人によって太りやすい季節と言えるでしょう。
ただ、寒さが厳しい冬場に無理に運動するのも、大きなストレスです。
運動量が減ってしまう冬場は、あまり身体を動かさなくてもできる、ダイエット法にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

おすすめなのが「褐色脂肪細胞」という脂肪を、活性化させるダイエット法です。
褐色脂肪細胞は肩甲骨周辺や肩回り、ワキ部分にある脂肪です。
脂肪と聞くと減らしたほうが良いと思われるかもしれませんが、この褐色脂肪細胞はダイエットをスムーズに進めるためには欠かせません。

他の部位にある脂肪をエネルギーとして燃やす機能を、褐色脂肪細胞が担っています。
褐色脂肪細胞が活性化されれば、どんどん脂肪が燃えていき結果痩せるという仕組みです。
肩甲骨をストレッチしたり、肩甲骨あたりに冷たい水と、お湯を交互にかけて刺激すると活性化すると言われています。
この方法なら寒さで運動したくない冬場でも、簡単に続けられるでしょう。