ダイエットを始めて最初の方は効果を体感しやすいですが、それを続けていると徐々に効率が悪くなっている事に気付いていますか?ダイエットの停滞期にはしっかりと理由があるので、そこでダイエットを止めるのではなく乗り越える努力をしてみましょう。これで今年こそは高確率でダイエットが成功するでしょう!

女性は体幹を鍛えると太りにくくなる

スタイルの良い女性

女性であればダイエットに興味を持つことがあると思います。
それはただ痩せたいと言うではなく、体のラインを美しくしたいと言うことがメインだと思います。
そのためにはむやみに筋肉をつけるよりも体幹を鍛える方が効果的です。

体幹は体の中心、主に胴体の部分に存在している筋肉のことです、ただし、外側から見えているものとは異なり、その内側にある筋肉のことです。
背骨に当たる脊柱から体を包み込むように存在していて姿勢を一定の状態に保つために使われます。
つまり、じっとしている時も働いている筋肉と言うことになります。

同じ姿勢を維持することで筋肉が使われて脂肪が燃焼します。
これを基礎代謝と言い、高くなると太りにくい体質になります。
無理な運動をしなくても、そのままの生活で体のラインを保つことができます。
また姿勢が良くなるため骨盤の歪みが矯正される効果もあります。

骨盤の歪みは下半身の筋力に低下につながり、女性の場合尿もれや生理痛の原因になります。
しっかりと体幹をトレーニングすることで、脂肪を燃やしやすく、比較的早くに効果が確認できます。

骨盤の歪みは、中にある膀胱や子宮、卵巣などに大きく影響を与えます。
生理痛が強いことや尿もれが心配になるようなら、骨盤が歪んでいる恐れがあるので気になるようであれば体幹を鍛える必要があります。
正しく鍛えることで筋力がつき、基礎代謝が上がります。
運動などにエネルギーとして使われる内臓脂肪は、男性に多くつくことがわかっています。
この脂肪を落とすためには長期の定期的な運動が必要になります。

女性の場合、脂肪が皮膚の下にたまる皮下脂肪が蓄積しやすくなります。
皮下脂肪は運動よりも基礎代謝で燃焼しやすいため体幹によるトレーニングはとても効果的です。
目に見えた変化がないため達成感が得られないことがデメリットですが、基礎代謝が高くなることで体重が減ってきて確実な成果を実感できるようになります。

筋肉痛にならないのは効いてないってこと?

頑張って筋トレをすれば、筋肉痛になることが多くあります。
筋肉は使うことで損傷し、その部分が補強されることよって成長します。
これが締まった体を作り上げるメカニズムです。
そのため筋肉痛がないと効果がないと思ってしまいます。

体幹トレーニングではほとんど筋肉痛になることはありません。
それは体幹が動くために使われるのではなく支えるために使われるからです。
インナーマッスルと呼ばれる体幹は、外見で見られる筋肉の内側にあります。
立っている時や座っているときに同じ姿勢を維持する働きがあります。

特に少し不安定な状態で倒れないようにするために使われる部位で、大きく動くことはなく、力を込めて一定の状態を維持しつづけます。
あまり動かすことがないため損傷することもありません。
体幹トレーニングは目に見えない箇所を鍛えるので、達成感が得られないというデメリットがあります。

他の筋肉と異なり体幹はゆっくりと成長します。
筋肉痛がないからといって効果がないと心配する必要はありません。
継続してトレーニングを行うことで動きが生まれて、しっかりと機能するようになります。
体幹が動くと脂肪が燃焼され、ダイエット効果が期待できます。

体幹トレーニングの目的は基礎代謝の増加です。
運動している時だけ燃焼するだけではなく、普段の生活の中で、特に姿勢の維持で使われる筋肉を鍛えることでベースとなる脂肪燃焼率を高めます。
十分に鍛えられた体幹であれば日頃の生活の中で脂肪の燃焼が行われるようになります。

追い込みをかけるような辛い運動を繰り返して筋肉をたくさんつけることも脂肪燃焼には効果がありますが、それよりも普段の生活で気にせず脂肪が減らせればそれにこしたことはありません。
基礎代謝の増加がシェイプアップ効果を高めてダイエットにつながるので女性におすすめです。