ダイエットを始めて最初の方は効果を体感しやすいですが、それを続けていると徐々に効率が悪くなっている事に気付いていますか?ダイエットの停滞期にはしっかりと理由があるので、そこでダイエットを止めるのではなく乗り越える努力をしてみましょう。これで今年こそは高確率でダイエットが成功するでしょう!

正しい糖質制限ダイエットでキレイに痩せる

糖質が多く含まれているケーキ

肥満を解消したい人や内臓脂肪を減らしたい人、きれいなボディラインを目指している人などの間で人気がある糖質制限ダイエットは、正しく行うことが痩せるためのポイントです。
食べ物を食べると、摂取した糖分が血液中の血糖値を高め、血糖値が高くなるとインスリンが分泌されます。
インスリンは肥満ホルモンと呼ばれており、血液中の糖を脂肪に変えて蓄えるように指令する働きがあるので、血糖値が上がると糖が皮下脂肪や内臓脂肪になり、体に蓄積され太っていくことになります。

血糖値を上げないように糖質を制限することで、糖が脂肪として体に蓄積されにくくなります。
さらにエネルギー源として利用することができる血液中の糖が足りなくなると体に蓄えられている脂肪を分解してエネルギー源にするので、効率よく痩せることができるというのが糖質制限ダイエットの仕組みです。

糖質制限ダイエットをするときには、砂糖を使っているケーキや和菓子などのお菓子類を控えることはもちろんですが、甘いジュースやアイスクリームなども控えるようにしましょう。
また、砂糖だけではなく、炭水化物も体の中で分解されて糖になり利用されるので、糖質制限ダイエットをするときには炭水化物を軽めにすることがとても重要です。
炭水化物を軽めにしてタンパク質が多めの食事を心掛けることで血液中の糖が少なくなり、血糖値が上がりにくくなります。
血液中の糖を使ってしまいエネルギー不足の状態になると脂肪を分解してエネルギーとして使い、痩せることができます。

野菜や肉は炭水化物や糖質が少ない物が多いのでたくさん食べても良い食材ですが、ドレッシングや調味料に糖質が多い場合があるので気を付けましょう。
また、ジャガイモやかぼちゃ、れんこんなど根の部分の野菜は、糖質が多く含まれているので野菜を食べる時には、葉野菜を選ぶようにすることも大切です。
肉類は、糖質が少なくタンパク質が多いので積極的にたくさん食べても良い食材です。

コンビニでもタンパク質多めの食材はある

糖質制限ダイエットをするときのポイントになるのが食事です。
上手に糖質が少なく、タンパク質が多めの食事をとることで空腹を感じにくく、楽に痩せることができます。
糖質制限ダイエットをするときには米や麺類、パンなど主食を減らしタンパク質多めのおかずをたっぷりと食べることがポイントです。

痩せるためには、糖質を控えた食事を続けることが大切なので、コンビニを活用することをおすすめします。
コンビニにはタンパク質多めの食材があるので上手に利用しましょう。
サラダチキンやチーズ、ゆで卵はタンパク質多めで糖質がとても少ない優秀な食材です。
サラダと組み合わせることで、ボリュームがあり食べ応えがアップするので、腹持ちが良く味の整ったサラダを食べることができます。
サラダチキンに味付けがしてあるものを選ぶと、サラダチキンの塩分で野菜をしっかり食べることができ、ドレッシングの糖質を気にしなくてよくなるのでおすすめです。

また、スモークタンやビーフジャーキー、唐揚げなどの肉類もタンパク質が多く、糖質が少ないのでおすすめの食材です。
コンビニにある食材には、糖質やたんぱく質などの量が書かれているのでチェックしてみるとタンパク質多めの食材があるので確認してみることをおすすめします。
コンビニにある食材は塩分が多いことがあるので、塩分もチェックして摂りすぎないように気を付けましょう。

コンビニにあるタンパク質多めの食材を活用して、糖質制限ダイエットをすることで簡単に皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪を減らし、きれいに痩せることができます。
糖質制限ダイエットで効果的に皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪を減らすことで、健康にも良い影響があり、スタイルも良くなるのでコンビニを味方にしてダイエットをすることがおすすめです。